小松市民ポータルサイト

ひろがれ、つながれ、こまつの絆
登録団体数 現在 190 団体


お問い合わせ先

小松市役所 総合政策部 ICT推進課

〒923-8650

石川県小松市小馬出町91番地

TEL:0761-24-8047

FAX:0761-22-9242

Eメール: kanjincho@city.komatsu.lg.jp

早朝ウオーキング 遊泉寺銅山跡を訪ねる  参加されませんか団体名:小松ウオーキング協会

        第317例会のお知らせ
テーマ    早朝ウオーク 遊泉寺銅山跡を訪ねる
開催日    2019年8月4日(日)
集合時刻  午前 5時45分
スタート   午前 6時00分
集合場所  ハニベ巌窟院駐車場
解散場所   々
歩行距離   Aコース:10km Bコース:6km
ゴール予定  Aコース:9時頃  Bコース:8時頃
参加費    一般500円  他協会員300円  会員200円
詳 細     PDFフアイルに記載

        歩行コース
 ハニベ巌窟院前駐車場⇒鵜川石切り場跡⇒鵜川若宮八幡神社⇒遊泉寺銅山跡記念碑⇒游泉寺石切り場跡⇒涌泉寺跡(周辺)【Bコース分離】⇒ロードパーク中海の里⇒鵜川古代桜⇒ハニベ巌窟院前駐車  Bコース分岐点⇒ハニベ巌窟院前駐車場

        遊泉寺銅山跡と記念碑の紹介
 小松市鵜川町の山中に、徳川時代に発見された「遊泉寺銅山」の跡地があります。本格的経営に乗り出したのは吉田茂元首相の実兄だった竹内明太郎。 明太郎は、近代的な経営手腕により業績を上げ、最盛期の大正初期には、従業員とその家族5000人の鉱山町を作り上げました。
経済環境の変化から1920(大正9)年に閉山となり、明太郎は小松鉄工所を経て1921(大正10)年に資本金100万円で小松製作所(現コマツ)を立ち上げました。 鵜川町の静かな山あいにある広場には、美しく整備された記念碑や明太郎の銅像、バイオ式トイレや駐車場も整備されています。
 精錬所跡の高さ20メートル直径2.5メートルの大煙突が見えてきます。レンガで積み上げたもののようですが、今ではツタに覆われ美しい緑の煙突になっています。 このほか竪坑跡や廃鉱を捨てた砂山、機械の据え付け台など往事をしのばせる遺構をいくつも見ることができます。







掲載日:2019-07-01

この記事のテーマ:


表示される文字を入力してください

団体名:
小松ウオーキング協会
連絡先:
0761-46-1140